ニワトリ小屋立て直します

ニワトリ避難やっと、傾いたニワトリ小屋の建て直し
うちの鶏小屋は4棟あります。3棟は自分で建てたトタン屋根仕様ですが、1棟は来てみた方はご存じのように。民家の廃屋です。瓦屋根で天井も高いので鶏にとっては快適だったのですが、傾きがひどく、ときどき戸が閉まらなくなったりします。熊本地震で倒壊したろうと覚悟して見に行ったら、傾きはひどくなったものの、まだ立っていたのでびっくりしたほどです。しかし、さすがに傾きは更に複雑に進行し、歪みもでてきました。そこで、思い切ってプロの手も借りて立て替えることにしました。

立て替える期間には、鶏は引っ越しておく必要があります。そこで、直ぐ隣の田んぼにハウス鶏舎を作りました。100羽の2群は立て替えの間そこに住んでもらいます。
ハウス鶏舎はビニールハウスを工夫して、鶏舎として利用できるようにしたものです。モデルはないので、自分の養鶏の経験にもとづいて、ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら工夫して、何とか建て終わりました。夏に温度が上がらないように緑のシートの屋根で、見た目もなかなか良い感じです。

5月中には引っ越して、廃屋の解体に入りたいと思ってますが、畑の方がべらぼうに忙しくなってきて、なかなか引っ越しまで至りません。
解体する鶏舎には、餌の保存庫と、毎朝攪拌機を使って配合飼料を作るスペースもあるので、それも移動しなくては解体には入れません。鳥だけを先ず移すか、餌作り場も整えてから引っ越すか悩んでいます。

井戸の埋め戻し前に水神様におことわりを
もう一つ、取りかかっていることがあります。実は苗床のある家の直ぐ横にある畑も、元々は民家跡でした。それで、畑の隅に古井戸の穴が残っているのです。危険なため、柱材を使ってふたをしてあるのですが、これも、年数と共に不安になってきました。それで、古井戸を埋めてしまうことにしました。村の中に牧野さんという何でも屋さんの役割の人いて、ちょっとした基盤整備や、土木工事、危険な木の切り倒しなどを相談すると、うまく段取ってやってくれます。頼んでおいた工事がいよいよ始まります。井戸を埋める前に、塩とお酒で水神様にことわりのお祈りをしておきました。事故のなく、地下水が汚染されることもなく、無事にすみますように。

2019.05.15 | お知らせ

キンリョウヘンに日本ミツバチが

キンリョウヘンとミツバチきたー!!キタ キター!!!
キンリョウヘンに日本ミツバチ群がっています。
隣のブロックにも、蜂が固まっているのが見えるでしょう!
今蜂達は、キンリョウヘンの醸し出すの匂いに、うれしくて半狂乱に違いないです。今のうちに、どこに女王蜂が隠れているか分からないけど、早く蜂の固まりを手ですくって、巣箱にいれねばーーーー。
私はさされたくなーい。司、早く帰ってきてー。
なんて思っているうちに、巣箱の入り口で蜂が少し出入りし始めました。

今年こそは巣箱で日本ミツバチを飼って,蜜を採るチャンス到来です。

家の木の壁にはもう2郡入っているけど、これは蜜が採れないからね〜、

2019.05.01 | お知らせ

辺野古の埋め立てに御所の浦の土が使われている! 反対の新聞広告に賛同を

 Webカラー辺野古 A4チラシ小 Webカラー辺野古 A4チラシ2小日々生きている中でどうしても見過ごせないことが時々あります。

 辺野古の軍事基地建設のために、沖縄県民の声を全く無視して、埋め立てを強行し続ける日本政府のやり方と、その為の土砂が事もあろうに、天草の御所の浦から大量に運ばれるということです。

 御所の浦は恐竜の化石が出ることで知られてます。地元では町づくり協議会とともに、辺野古土砂搬出反対熊本県連絡協議会が地道な反対運動を続けてます。折角天草ジオパークの認定を受けて、「恐竜の島」としての夢のある将来を考えるならば、地元の危惧はもっともです。しかし、このまま政府の強行突破が見過ごされるならば、どうなるでしょうか。

 熊本県民の中には、御所の浦の土が辺野古に持って行かれようとしている事を、そもそも知らないという人が沢山います。先ずは事実を知ってもらうために声を上げて、なんとか反対の声を拡げていくことは出来ないかという思いから、熊日に意見広告を出すこと考え、回りに声をかけ始めました。熊日に聞いたところ、一面で約300万の費用がかかるそうです。
ざっと見積もれば1万円で300人、3000円なら1000人の協力が、最低でも必要ということになります。

 3月下旬に声をかけた人達21人が集まって,その可能性を話し合ってみたところ、「やろう」ということで一致し、そのまま、発起人会としてスタートしました。千草会の会員の中からも浦崎さんと、田口さんが参加してくださいました。
 銀行口座、振替口座の開設や、呼びかけチラシの作成などの準備が出来て、このたび4月30日に『辺野古埋め立てと御所浦土砂搬出に反対する意見広告の会』の結成にむけて動き出しました。意見広告掲載の目標は沖縄戦慰霊の日6月23日です。

 有明海の回りに住む私達は、水俣湾の埋め立て、諫早湾の埋め立てを見てきました。
海の環境を一度壊したら,2度と元には戻りません。あの宝の海沖縄を、何とか守るという試みは、まだあきらめてしまうには早すぎます。もし御所浦を止めることが出来たら、西日本各地8箇所の候補地でも可能性が出てくるでしょう。
 とにかく輪を広げなくては始まりません。皆さんの協力と積極的な参加を是非お願いします。

2019.04.09 | お知らせ

花冷え

 自家採種する品目を少しずつ増やしてきていています。いままで採ってなかった青物類も、こぶ高菜、くまもと京菜などを採りはじめました。畑の隅に残す部分をつくって、そこは花を咲かせておくのです。前の2品目は長年見ていて、異種との交配が殆ど起きないのに気づきましたので、採り始めたのです。
 でも、残さない部分は花のうちにすき込んでおかないと、来年大量に発芽し、虫を呼んだり、隣の畑や土手に散って生えたりするので片付けます。昨日、背高くなった菜の花を刈り込みながら、ふとかぶさっている梅の木を見たら、なんとすでに小さなピンク色で梅の実が出来ているのに気づきました。今年は極度の暖冬で花が早くつきすぎたため、後の寒でやられたようで数は少ないです。でもその分、けなげに感じて、ほっこりした気分になりました。
 
 暖冬と言えば、露地だけでなく、苗床のトマトやさつまいもの苗もいつもより生育が早く、しかたなくトマトの特に早い部分は畑に植え替えました。こんなに早いのは初めてです。

 しかし、花冷えとは良くいったもので、桜が咲きそろったと思ったら2日続けての寒波でした。じゃがいもは霜でやられてもわき芽が出てきますが,トマトは霜に当たったら一発でアウトです。なので必死にビニールをかけて防寒体制を取ってます。
 この寒波が過ぎたら何でも安心して植えられるかなと思います。いよいよ春本番です。

2019.04.04 | お知らせ

福島原発、今日結審

福島結審
福島原発訴訟(東電刑事裁判)、今日結審です
3月11日東日本大震災と福島原発事故から8年が経ちました。そしてその翌日の今日12日に、東電経営陣の罪を問う原発訴訟の結審の日を迎えます。
34回の公判の過程で明らかになったことは、2002年の段階ですでに福島沖の巨大津波の可能性は公表され,東電はそれを認識していたことです。
2007年に一旦は津波対策を取ることが決まりながら,翌年7月それをひっくり返して対策を取らないことににし、放置した事が明らかになる記録がでてきました。当時の勝俣会長をはじめ3役員は、「記憶にない」「責任はない」「権限はなかった」と完全開き直りで対応してきました。最終弁論でも同じ趣旨を繰り返すのでしょうか。

百草園と千草会は野菜を送り続けています
百草園では千草会からの送料支援カンパに支えられて、この6年間訴訟団団長の武藤類子さんに野菜を届けています。先頃武藤さんから,この8年間の証言ドキュメンタリー『福島は語る』が完成したとのお知らせがありました。前編は11章あって330分という長いものですが,それを2時間51分に短縮した映画も出来たそうです。もちろん武藤さんも証言者の一人として出ています。

記録映画が完成
ついこの前琵琶湖であった日本有機農業研究会の大会に参加したら,京都の大会スタッフが「私達が全国初上映で3月9日からやるんですよ」と言ってました。「熊本でも是非やって下さい」とも。
 武藤さんの招いて,熊本でも上映会が出来たらいいなと思います。

みなさんの力がないと出来ない事です。出来るでしょうか?

2019.03.12 | お知らせ

今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。平成最後の年があけましたが、その先の時代はどっちの方向へ転ぶのでしょう。期待と不安の入り交じる年頭です。
 ところで、松の内に早々とうちの梅は咲き始めました。本当に久しぶりの事です。12月が大変暖かかったので梅も勘違いしたのでしょう。早く咲いた年はのちの寒害で不作になると言いますが、今年の梅はどうなるのでしょう?一輪だけでも手折ってきて、せっかくの早咲きの風情を楽しむことにしましょうか。

*-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-*
イチゴを扱っています
 新規就農者で近くで就農している伊藤さんのイチゴ、今年は良くできたそうです。今まで、慣行との併用だったのですが、今年から全面有機に切り替えた伊藤さんです。就農して5年目というのにたいしたものです。熊有研の新規就農者養成塾OBのなかでも牽引者になっています。

 ところが、今年は農協出荷のイチゴ価格は低迷なのだそうです。折角有機で作っても、有機で出せる量はまだ限られているので、残りは農協を通じてイチゴ部会のものに混ぜられて出すのです。「今年はその価格が下がってしまったので。全体売上げとしては伸びてないんですよ。」とのこと。悲しい話です。千草会で扱う量は限られてますが、是非一人でも多くのかたに食べて応援していただきたいです。

2019.02.08 | お知らせ

百草園・万菜村 新年会 食べました〜

2019新年会22019新年会今日は、百草園と万菜村の新年会!一品持ち寄りだから、すごい御馳走。手作りビール、キッシュ、焼き餅、ぜんざい、玄米ちらし寿司、サラダ、カツオのタタキ、お好み焼き、たこ焼き、白菜スープ、ゆで卵の醤油漬け、書ききれない。今年の抱負では、みんな意欲に燃えていました。いい年になりそうです。










2019.01.15 | お知らせ

あけましておめでとうございます

名称未設定今年はやっぱり暖冬です

明けましておめでとうございます。平成最後の年があけましたが、その先の時代はどっちの方向へ転ぶのでしょう。期待と不安の入り交じる年頭です。
ところで、松の内に早々とうちの梅は咲き始めました。本当に久しぶりの事です。12月が大変暖かかったので梅も勘違いしたのでしょう。早く咲いた年はのちの寒害で不作になると言いますが、今年の梅はどうなるのでしょう?一輪だけでも手折ってきて、せっかくの早咲きの風情を楽しむことにしましょうか。

明日は、百草園と万菜村の皆があつまって、1品持ち寄りの新年会です。
毎年、すごいごちそうになるから、楽しみです。













2019.01.12 | お知らせ

赤いビーツ入り餅も

赤い餅28日は、百草園の餅つきでした。

日菜ちゃんのアイデアで、ビーツ入の赤い餅もつきました。
ビーツを一個、もち米と一緒に蒸してつくだけで、きれいな赤い色の餅になりました。

今年ついた餅は
・赤いビーツ入り餅
・黒米の餅
・緑米の餅
・よもぎ餅
・白餅

の4種です。
手作りの餡を私が作って、、黒米餅とヨモギ餅で餡餅も作りました。

今年は、女性陣が杵つきにも大活躍。
すごい体力なです!!!

今年一年、百草園と一緒に働いてくれて感謝です。

2018.12.30 | お知らせ

高校生が視察研修できました

島根から見学島根県より、百草園に農業高校の生徒さんが視察研修にきました。

1ヶ月程前に、熊本の農業高校の3年生が、ネットで百草園をさがしだし、自分で1週間の研修を申し込んできました。平飼いの養鶏が学びたいということでした。その時は高校生が自主的に有機農業の研修に来るということにビックリしたのですが、今回は、クラス全員が先生に連れられてきたのです。
何を感じて帰ったでしょうね。

本当のことを言うと、有機農業を30数年やっていて、満足するということがありません。自然とつきあう農業は、満点の年なんてないですから。

自主研修にきた子が、送ってきた御礼の手紙には「自分の将来に自信がもてず、行き詰まりを感じていました・・・・中略・・・私も鶏を大事にできる人間でありたいと思いました」と書いてあって、むしろ私達の方が、これでも良いんだって、勇気と自信をもらいました。

来てくれてありがとう!

2018.10.26 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html