今年もイチゴをお届けできます

百草園の近くに新規就農し、イチゴを頑張っている伊藤さん夫婦からのメッセージです。
私達も、今年も美味しい貴重なイチゴを届ける事ができて、嬉しいです。野菜セットと一緒に届けています。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
伊藤農園より
昨年からいちごを納めております伊藤農園です。就農して今年で4年目、いちごは4作目になります。
今まで失敗を繰り返し最大の課題でした苗づくりも今年は何とか克服し、初めて農園の苗ですべてをまかなうことができました。
また、今シーズンは有機JAS認証を取得しJASマーク入りのいちごをお届けできるようになっています。
希少な「有機いちご」を是非多くの方に食べていただければと思いますので今年も宜しくお願いします。

蛇足ですが、いちごにはキシリトールが多く含まれていることをご存知です か?
ビタミンCが豊富なことは有名ですが実はキシリトールも多いそうです。風邪予防に、虫歯予防に良いかもですね。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+
イチゴは平均農薬使用回数が52回とか63回といわれ、農薬が非常に多く使われる作物です。

元々、イチゴの旬は4~6月だったのですが、ショートケーキなどのピークがクリスマスになるので、それに合わせるようにビニールハウスを使う事で旬をずらし、苗づくりから収穫までの期間がこれまでの約7ヶ月から1年を超えるようになってしまい、農薬の回数も増えていったと聞いています。
高温・多湿なハウス内は病害虫にとって住みやすく、無農薬でつくるのがどんなに難しい事か。
イチゴに虫や病気がついていないか一個一個点検し、デリケートな果物なので刷毛でそれを払うのだそうです。
イチゴを痛めないために、夜中に暖房も入れない部屋でその作業をしなければいけないのだそうです。

農薬を使っていれば、そもそも虫はいないので、刷毛で払うとかは必要ないのですが。

伊藤さんのイチゴは貴重なんです。

2017.12.12 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html