熊本のdenkikanで「福島は語る」上映

手をつなごう_page-0001百草園では千草会の協力で、「手をつなごう!福島と」というプロジェクトで福島原発の訴訟団の団長でもある武藤類子さんに野菜を送っています。

東京電力福島第一原発の刑事訴訟の判決が9月19日にでます。
その前に映画を上映したいと、よしきさんと話していて、9月7日(土)8日(日)に電気館と共催で上映することが実現したものです。

千草会の代表の成毛佳季(なるげよしき)さんからのお手紙を、添付します。

前売り券を実行委員会では特別価格の1000円で販売します。

これには、「福島を忘れない」と立ち上げたプロジェクト「手をつなごう!福島と」にいただいた寄附を使わせていただきます。
チラシを見たということで、成毛よしきさんか、百草園にご連絡くださいね。

訴訟団団長の武藤類子さんをお呼びしたかったのですが、判決前ということで、キャラバンの予定がずっと入っていて、できませんでした。
電気館で上映される映画で、福島の今を聞いてください。

2019.07.31 | お知らせ

トマトの季節

トマトお待たせしました
今年はトマトが入るのが遅れてしましました。ようやく、出始めました。
実は、今年は苗床での発芽の仕方を変えたところ、いつも、10日くらいかかってようやく出始めるものが、すぐ発芽して苗の成長が早く進みすぎてしまいました。

大きくなっても放っておけば良かったのですが、早めに植えたところ、すぐ霜の予想が連日出るという寒の戻りの日が続きました。風もひどかったので、ビニールをかけても剥がれてしまうので、またかけ直してと、いたちごっこでなんとか乗り切りました。ところが、寒波がぬけた最後の日、逆に、急に上がった温度に対応が遅れたために、霜よけのためだったビニールが暑すぎるという結果になって、株を痛めてしまいました。
 それが、最後の段階の成長にも影響して、なかなか数がそろわなくて、出せませんでした。全く油断は禁物です。

久しぶりに腰痛がきました
梅雨の晴れ間を見て、遅れていた里芋の中耕、除草、土寄せの作業をしました。いつ降り出すかわからないので、とにかく必死でやって、なんとか間に合いました。
その後のぐずついた雨が止んだ日、今度は、日焼けでカボチャが傷まぬように、これまた必死でカボチャの収穫をやりきりました。その結果、久しぶりに腰痛が出ました。

僕の腰痛対策は、近くの宮原温泉で赤湯にじっくりつかることです。血行が良くなるのか、痛みが和らぎます。今回も「一発で直った!」という結果になれば良いのですが。

2019.07.31 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html