スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

パソコン環境絶不調

8月くらいからの長—いパソコン環境の不調から、やっと抜け出せたようです。
FAXやメールでのご注文が届いていないなど、ご迷惑をおかけしました。

パーソナルコンピューターを開発し、情報を解放したと言われるスティーブジョブスは好きです。でも今の気持ちは、「どこまで進むのコンピューター」です。近い将来、私はその進歩に追いつけない時がくることを確信した数ヶ月でした。

以下ネットを使った機器関係とネット環境の不調の顛末です。

パソコンのネット環境が悪く感じはじめたのがこの夏。我が家はクーラーがないため、今年の大変な暑さにパソコンの調子が悪いのだろうと思っていました。
だから、だましだまし使っていました。

そうこうするうちに、印刷機能とFAX機能があるパソコンにつながった電話複合機が不調に。修理するかどうか悩んで、販売店に相談にいったら、修理費の方が高いと言われるので、買い替えをすることにしました。ところが、店頭には有線ラン対応の複合機がなく、WiFi無線対応のものしかなかったのです。いやいやながら、そんな時代になったのだと無理に納得し、無線LAN対応の機種を購入。でも、我が家のパソコンとの接続が、上手くいきません。我が家ではMacとWindowsの両方を使っていて、ルーターで6台のパソコンがつながっています。それで、対応が難しいのです。とりあえず、USB接続で仕事に支障がでないように緊急措置をしました。緊急措置なので、複合機を使った印刷とパソコンからのFAXは不便でしかたありませんでした。

更にある日突然、百草園メールの送受信ができなくなりました。これがちょうどドメインの年間契約更新の時だったので、その更新解約の振込が遅れたせいかもしれないと思い、すぐに振込にいったところ、正常に回復。ところが、1ヶ月後、また不調発生。もう、意味が分かりません。ドメインの会社に電話したところ、「こちらの会社のサーバーを変えたので、すべて設定し直す必要があるとメールでお知らせしていたはず」と言います。毎日20通以上のメールが飛び交っているので見落としたと思い、電話で指示を受けながら設定をし直して回復。
でも後日、これは実は私達の見落としではなく、ホームページ管理会社の見落としだったことが、後で分かりました。メールをさかのぼって調べてもそんなメールはが来ていなかったので、問い合わせて分かったのです。疲れる。。。。

ここでWindows10が登場。ゆうちょ銀行関係はWindows対応のみなので、我が家にはWindowsの用のパソコンもあるのですが、それが絶不調。パソコンからの振込、引き落しができません。ゆうちょ銀行のホームページを開くたびに変なメッセージがでてくるので、ウイルスにやられたかなと思い、とりあえずゆうちょ銀行のサービスセンターに電話し、何度かの電話での操作指導でWindows10対応ができるようになったと思ったのに、今月また不調になって、ゆうちょ銀行にアクセスできなくなりました。

メールも不調、FAXも不調、ホームページも不調、百草園内の無線LANでのパソコンネットワークも不調で、その修正に悪戦苦闘していて、何ヶ月も頭がいつも満杯状態。
一つづつ原因をつぶしながら調べるしかないと、調整をし続けて、最後にNTTの電波状態が非常に悪くなっている事にいきついたのでした。

先日、NTTに電話し、電波状態が調整されたので、最後のトラブルは解消されたはずです。

疲れた澄子でした。

スポンサーサイト

2016.10.16 | お知らせ

芋掘り交流会

芋掘り2016天気予報では大雨予報だったのに、芋掘りの午前中は曇り。暑すぎもせず、最高の芋掘り日和でした。
「芋掘りはなんで人気があるの?」ってスタッフの亜矢子さんに聞いたら、「土よ!」と一言。そうかもです。
リンゴ狩りやイチゴ狩りも楽しそうですが、収穫するのが目に見えていますもの。芋は土の中に隠れていて、それをスコップを使って自分で発見し、傷づけないように掘り起こす。その時、ミミズ、ムカデ、バッタ等、色々な生き物とも遭遇し、とてもスリリングらしです。
帰りは、植木の温泉で汗を流して帰る家族もいて、楽しい体験になったようです。野菜いっぱいの汁物や、野菜料理を準備した私達も、新しい消費者との出会いで楽しい一日でした。

2016.10.09 | お知らせ

退職教職員協議会からお客様

体職教見学今日は鹿本退職教職員協議会の人々が、学習会として百草園見学に来てくださいました。司がプロジェクターを使って、百草園のや方をしっかり説明。畑や鶏舎も見学してもらいました。子ども達がお世話になった先生や知り合いの方もいらしていて、帰り際に「有機農業への考えが変わりました」と言ってくれた人もいて、なんとなく嬉しくなりました。
少量多品目栽培と有畜複合循環農業の原則をしっかり維持しながら、農業経営も軌道にのせているということが、有機農業への考えが変わったと言われた点かなと思いますが、どうでしょう?
「有機農業では喰えない」と,今でも思っている人は多いですから。

百草園では、鶏舎に大量の野菜や雑草をいれ、2年以上発酵させたものを堆肥として畑に入れます。出来上がった発酵鶏糞堆肥の、鶏糞と植物の割合はほぼ半々。とてもまろやかな発酵鶏糞です。土や肥料を作るのが微生物の力であるように、ひよこや育苗にも電熱は使いません。30センチから40センチほど掘り下げて、そこにワラや鶏糞、ヌカをいれて混ぜ、柔らかな発酵熱をつくります。これがひよこや苗には一番なんです。

近代的農業とは違うかもしれませんが、微生物と共存する技は残していくべきだし、それで農業経営が成り立つという事をしめしていきたいですね。

2016.10.01 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。