スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ミツバチの季節

トラップの写真今年も日本ミツバチがやってきて、百草園の自宅の壁に巣を作りました。

春ですね。

スズメバチも動き始めていますので、日曜日にトラップをつるしたら、もう3匹もかかっています。
毎日、ミツバチの出入りする家の壁と、トラップを見るのが楽しみです。

トラップのペットボトルは、毎年同じ物を使い回しますので汚れていますが、しっかりと働いてくれます。

スポンサーサイト

2015.04.29 | お知らせ

小麦粉と百草園の麺

ph04.gif百草園では小麦を栽培し、それを使って麺を作ってもらっています。製品化をお願いしているのは黒沢製麺。
黒沢製麺のお便りに書かれた小麦の話が面白かったので、抜粋して紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
小麦は胚乳の部分を粉にしたものが小麦粉。胚乳の主な成分はでんぷん、タンパク質、水分ですが。粒の中心部と周辺に近いところでは、その成分にかなりの差があります。

ロール製粉機は、表面に細かい溝の入った2つのローラーがついていて、互いに向かい合うように回転しています。その間を小麦が通り抜けていく時に砕かれる仕組みです。最初は大きく全体がつぶれて砕かれます。このロールを何度も通る事で、中心部の白くて柔らかい部分から細かくなって絹のふるいを通り、粉になります。
大きな製粉工場では働きの異なるロール機が何台も並び、何十段ものふるいで選別され、1粒の小麦が40種類以上の粉に分けられ、最後は用途ごとに何通りにブレンドされます。
一般に小麦粉はいかに表皮(ふすま)を入れないかがポイントとなるようです。粒の中心の粉は等級が高く、表皮に近い周辺部の粉ほど等級が下がります。

一物全体ではない小麦粉
だから高級な小麦粉ほど、等級の低いと言われる周辺部の粉が少ないかもしれないですね。
黒沢製麺のような、昔から村にあった製粉やさんには、そんな機械はありません。だから、荒いふすまを取り除いただけの小麦丸ごと小麦粉になります。
そんな当たり前に思っていたことが、現代の製粉工場では違うという事を知ってビックリです。
有機農業の世界では「一物全体」という言葉がありますが、そうではない小麦粉が世の中では主流ということなんですね。

2015.04.08 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。