スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

泰勝寺 で細川亜衣さん主宰のマーケット

6月10日(火) 料理研究会細川亜衣さん主宰のマーケットがあります。会場は細川家ゆかりの泰勝寺です。
百草園の野菜もおいてくださいます。

新緑溢れる庭で、心地よい時間を過ごしながら、お買い物をしてください。

泰勝寺 熊本市中央区黒髪4-610(Pあり)
11:00-15:00(雨天決行 売り切れ次第終了)

※エコバッグと小銭をご用意下さい。
お問い合わせ:cucinacamellia@gmail.com
080-3220-1808(当日のみ)

内田真美(瓶詰め)
ON THE DISH(パン)
CASA MORIMI(イタリア食材)
crea-pa(お菓子とジャム)
ZAKKAWORKS(台所用品)
setsu(お菓子とジャム)
tartelette(キッシュとタルト)
chanowa(お茶とお菓子)
teteria(紅茶)
DoI(布のもの)
にしだ果樹園(ジュース)
百草園(有機野菜)
ほいあん堂(お茶菓子)
渡辺康啓(レモンカード、ラスク) 
細川亜衣(オリーブオイル+α)

スポンサーサイト

2014.05.27 | お知らせ

熊日新聞・きょうの発言 農業を選んだ理由2 

「経済危機にあえぐイタリアで唯一成長を続けている分野が農業で、特に好調なのが有機農業。さらに、さらに、女性が経営者である農業企業が全体の3分の1を占めている」というニュースがラジオから流れてきた。
 前回、私が農業を選んだ理由は「子育てと仕事の両立のため」と書いたが、当時は女性が子育てをしながら仕事を続けられるような社会的条件は整備されていなかった。だから、自分の働く環境は自分で作るしかないと農業を選んだのだが、30年が過ぎた今、女性はもっと積極的に、経営として農業を選び始めているのかもしれない。
 男性の方はどうだろう。私は今、NPO法人・熊本県有機農業研究会の事務所で週2日だけ仕事をしている。その事務所にメールによる決済システムを取り入れようと、クラウドサイトを運営する会社から説明に来てもらった。ところが、全国展開のその会社の社長は40代で、2年間も育児休暇をとった「育メン」だと言うではないか。もう、めまいがするほど嬉しかった。男性が家庭と仕事の両方を大事にし、残業をしないとか、子供のために休みをとるとかが出来る社会が、女性にとっても育児と仕事を両立できる究極の条件なのだから。
 まだまだ、それはごく一部の人達がやっていることかもしれないが、私が農業を選んだ八方ふさがりの時代とは、少しずつ変わりつつあると思いたいな。

2014.05.18 | お知らせ

熊日・今日の発言に掲載「家族農業年」

  農業コンクールでもう一つ驚いたのは、私達のような小規模農家が選ばれたということである。国は「企業参入による大規模化と効率化」を進める姿勢を強めているので、夫婦で営む家族農業が評価されるなど思ってもいなかった。
 しかし、国連は2014年を「国際家族農業年」と定めたそうだ。家族農業が実は飢餓対策に有効なだけでなく、自然の多様性と農村文化を維持する力があると再評価しているらしい。
 百草園では、私達自身が新規就農者だったこともあり、就農希望者を研修生として受け入れている。これまで、短期研修も含めると60人以上の若者を受け入れただろうか。その内の数人は百草園の周りで有機農業を始めているが、誰もが小規模農家である。しかし、彼らによって周辺の約10町歩が耕作され、周りには耕作放棄地がほとんどない。彼らは土手の草を刈り、水路を維持する地域の共同作業に参加し、農村と景観の維持にも役立っている。
 百草園では、在来種と言われる、昔ながらの種を自家採種し消費者に届けているが、これもまた、小規模農家だからできる種の多様性の保存だろう。少し赤みが残り、表面に糸が巻いたような筋の入る「糸巻き大根」などの多様な在来種を作るのはとても楽しい。種を採るためには花を咲かせなければならないが、その花も大根の種類によっては薄いピンクが混じるなど、少しずつ違う表情を見せることを街の人は知っているかな。

2014.05.04 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。