スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

福島の招待家族との交流会

福島の招待家族との交流会に参加しませんか
今回の福島からの招待企画に協力していただきありがとうございます。おかげさまで応募いただいた3家族3人のお母さんと5人の5才から10才までの子供たちを招くことが決まりました。3月31日(日曜)から4月5日(金曜)までの行程の間、往復の二日間を除いて、実質4日間の滞在中に、交流できる機会を2回ほど設定します。

一回目 4月1日(月)熊本城で10時半に二の丸駐車場の売店棟にある案内所付近で集合したあと、二の丸広場で交流の時間をもちます。千草会の消費者家族や、熊本に住む福島などからの避難者家族などが集まりやすい場所です。招待家族の昼食の準備はしますが、それ以外の方は弁当持参にしてもらおうと考えてます。午後は招待家族はお城や本丸御殿、城彩苑などをめぐることになりますので、一緒に行動したい人はどうぞ。差し入れ歓迎!

 二回目 4月2日(火)和水町菊水の肥後民家村での3時から夜の時間帯です。3時ころまでに民家村の宿泊体験施設の古民家山野家にはいり、手分けして食事の準備にはじまり、夕食からその後の時間帯を交流の機会として設定します。ゆっくり話せるかも。子供連れなので交流会は一定の時間で区切りをつけますが、宿泊は15人までできますので何人かは泊まることもできます。宿泊する人は一人2.000円です。駐車場は無料で利用できます(申し込みは間090-2850-9335へ)。食事の準備を手伝う人、食材、酒などの差し入れ歓迎!

他にも
4月3日(水)は10時半から百草園でタケノコ掘りと野草摘み
4月4日(木)は10時半から菊地市原の産直クラブ菊地農場発で阿蘇周遊とイチゴ狩りです。参加を希望される方はご相談ください。

スポンサーサイト

2013.03.26 | お知らせ

福島の子ども達招待プラン

福島5

2013.03.16 | お知らせ

ヒヨドリの大群襲来!!

 野菜の端境期です
何でも赤道近くの西太平洋の海水温が高いことが遠因らしいですが、偏西風の蛇行のせいで、今年の冬は寒い冬になりました。20〜30年くらい前は冬といえばこんな感じだったことを覚えています.野菜への影響としては寒の傷みがひどく、寒さに弱いカリフラワーや春菊はすぐに全滅、強いはずのブロッコリーもいたみでわき芽がなかなか出そろいません。冬の後半用に播いた、ちんげんさいや小松菜などの青物も寒さのため大きくなりきれないままトウ立ちちの季節を迎えています。今年の端境期はきびしいものになりました。
4月になれば、タケノコ、早生玉ネギ、トンネルで播いた青物類が出始めますので、正念場は3月です。

 ヒヨドリの大群がー
端境期で焦るのは人ばかりではありません、山から下りてきたか、北から流れてきたか、ヒヨドリの大群がこの時期あらわれるのですが、ハウスばかりで青物の少ない平坦地の野菜を求めて食い荒らしまくっています。
そういえば昨年は新聞でも渡りの鳥が現れないことが心配事として書かれてました。今年は、反対にヒヨドリの活動が活発です。先だっての九州山口の祭典でも風呂で、ロビーで、「今年のヒヨドリには参る」と言う会話がはずんでました。
百草園のまわりでは今まではさしたる被害もなかったのですが、先週あたりから100派ほどの群が居着いてしまいました。どうやら順番が回ってきたようです。白菜、折角太り始めたほうれん草、隣の農家のキャベツにいたっては出荷前に消えてしまいそうです。いつも張り付いて追い払うわけにもいかないし,漬け物用白菜を守りたい業者は、畑一面を網シートで覆ってしまいました。さすが!
そんなわけでほうれん草がかじられていたら、ああヒヨドリと分け合っているんだなと思ってください。

2013.03.15 | お知らせ

# ヒヨドリの大群襲来!!

端境期n
何でも赤道近くの西太平洋の海水温が高いことが遠因らしいですが、偏西風の蛇行のせいで、今年の冬は寒い冬になりました。20〜30年くらい前は冬といえばこんな感じだったことを覚えています.野菜への影響としては寒の傷みがひどく、寒さに弱いカリフラワーや春菊はすぐに全滅、強いはずのブロッコリーもいたみでわき芽がなかなか出そろいません。冬の後半用に播いた、ちんげんさいや小松菜などの青物も寒さのため大きくなりきれないままトウ立ちちの季節を迎えています。今年の端境期はきびしいものになりました。

ヒヨドリの大群がー
端境期で焦るのは人ばかりではありません、山から下りてきたか、北から流れてきたか、ヒヨドリの大群がこの時期にはあらわれます。ハウスばかりのところで、わずかの露地野菜を食い荒らしまくっています。
そういえば昨年は、新聞でも渡りの鳥が現れないことが心配事として書かれてました。今年は、反対にヒヨドリの活動が活発です。先だっての九州山口の祭典でも風呂で、ロビーで、「今年のヒヨドリには参る」と言う会話がはずんでました。百草園のまわりは今まではさしたる被害もなかったのですが、先週あたりから100派ほどの群が居着いてしまいました。どうやら順番が回ってきたようです.白菜や折角太り始めたほうれん草、隣の農家のキャベツにいたっては出荷前に消えてしまいそうです。いつも張り付いて追い払うわけにもいかないし。漬け物用白菜を守りたい業者は、畑一面を網シートで覆ってしまいました。さすが!
そんなわけでほうれん草がかじられていたら、ああヒヨドリと分け合っているんだなと思ってください。

2013.03.15 | お知らせ

今年も研修生がやってきました

2013研修生今年も熊有研養成塾に応募している人が2人、その前の一週間の体験研修にやってきました。後ろの列の右側の二人です。今日までなので、まだ大きくなっていない麦畑で記念写真をパチリ。
来週もまた2人やってきます。
春は、野菜の芽も動き出しますが、農業をやりたいという人も動き始めます。この体験研修の後、研修希望の人と、受け入れ農家のマッチングがあり、4月から1年間の研修にはいります。新しい血が入ってくる予感に満ちた、ともて楽しい季節です。

2013.03.08 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。