スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

太陽光でニワトリ小屋の電気が!!

 taiyoukou小7月16日、太陽光発電装置の設置と、木村さんの講演会をもちました。梅雨が終わりそうにないので当日出来るかどうか本当に心配しましたが、準備の一日と当日の開催中は計ったように晴れになりました。
 今、我が家の鶏舎の8個の照明灯は全部LED電球に変えられて、畳2枚位の太陽光パネルが発電する電気でまかなわれています。冬は5時間くらい、夏場は1時間半から2時間くらい朝夕に点灯するのです。これは明るい時間を一定にして年間の産卵数を安定させるためです。

 夏場は日がながく電気が余るので、福田亜矢ちゃんが野菜を計る作業場の電気と扇風機などにも使ってます。モニターでどれくらい発電してるか、使用しているかが表示されますので、折々にそれを確かめては楽しんでいます。何とはなしにうきうきしてきます。

 トラクター燃料は廃食油から作ったBDFを使っていますし、お風呂は天日、そして今回、電気の一部を自給する体制を作りました。化石燃料に頼る度合いと原発に頼る度合いを少しずつ減らしていくというスタイルは今後も続けていきたいと思います。
 これは特に原発事故を経験してから切実に考えるようになりました。再稼働が次々に認められて、ともすれば原発廃止の現実性をあきらめそうになったりもします。でもそこをあきらめずにまずは自分の在り方から変えていくこと。そうすれば、社会に対しても電力会社に対してもはっきりNOと言っていける根拠になるのではないかと思います。

 16日に設置の指導と講演をしてくれた木村さんは、原発技術者としての良心から、「これを暴露したら、自分は消されるかもしれない」というようなことも告発してきた人です。でもそんな大変なことを感じさせない、明るくて柔和な人でした。手伝ってくれたミュージシャンの東田トモヒロさんは、流木をあしらってパネルを飾り付けてくれました。いい友達ができたこともうれしいことです。

※自称「流木アーティスト」の東田トモヒロさんがとりつけてくれた白い流木に飾られて、独立型太陽光パネルが庭で輝いています。

スポンサーサイト

2012.07.27 | お知らせ

3人で楽しそう

オビロ達
百草園のスタッフ・オビロさんと、研修生ゆう君とやっちゃんです。






昨日設置した太陽光パネルの前でポーズ!!

2012.07.18 | お知らせ

水滴のふり?シロカネイソウロウグモ

シロカネイソウロウクモ小研修生の西村ゆうさく君が、「銀色のクモを見つけました。」と小さなクモを、大事そうに畑からもってきました。わずか3mm、銀色にしぶく光っています。
ネットで検索したら「シロカネイソウロウグモ」の写真がでてきて、それに似ています。自分で巣をはらず、ジョロウグモの蜘蛛の巣に居候して、おこぼれを頂戴するらしいです。
クモの巣についた水滴のふりをするために、銀色なんでしょうか?きれいなクモです。

クモは、安心の証です。とても農薬に弱く、農薬をまくと最初にやられると言われます。
クモがいるということは、クモが餌にする小さな虫達もいるわけです。8本の足歩くその姿形で嫌う人も多いのですが、人間にはなんの危害も及ぼしません。
だから畑や田んぼにクモがいると、私は嬉しくなります。家の中にいてもOKです。

2012.07.13 | お知らせ

鶏舎用に独立型太陽光発電を設置します

東電で原発の制御棒を扱う仕事をしていくなかで、原発に疑問をもちはじめ、退職。その後、食とエネルギーの自給生活をめざしながら、独立型太陽光発電の設置を生業としている木村さんと一緒に百草園の鶏舎用のパネルを設置します。話を聞く場ももうけましたので、ゆったりと分かち合えたらと思っています。
夜には市内のマクロビオティックcaféでの交流会も予定しています。

都合のつく時間にご参加ください。

******元東京電力 福島第一原発技術者 木村俊雄さんを招いて********
独立型太陽光発電設置&講演&交流会
余った電気を電力会社に売るタイプではなく、発電したものを蓄えて家庭で使い切るタイプです

<日時> 7月16日(月 海の日)
      a.m 10時〜 太陽光発電設置作業と説明 植木・百草園にて
      p.m 2時〜  木村敏俊雄さんのお話  百草園の近くの今藤公民館にて
      p.m 6時〜  交流会    熊本市・The Day Cafe にて

<講師> 木村俊雄さん(元東京電力 福島第一原発技術者 報道ステーションにも出演)
<ゲスト> 東田トモヒロさん(ミュージシャン 独立型太陽光発電を設置した植木町の先輩)

<会費> 昼の部 500円(こども無料)
    交流会 1500円(こども1000円)

<参加申し込み>
藤永よしき fax 096-345-1701
携帯 090-7985-3232 

<アクセス>
百草園
▼今藤公民館
百草園の近く
The Day Café
 熊本県熊本市麻生田4丁目2-40
 096-338-3355
 熊本北バイパスの麻生田交差点より武蔵丘方面に2k docomo shopの横
 駐車場はありますが、できるなら相乗りでおこしください。

東日本大震災でも活躍した独立型太陽光発電

太陽光発電といえば、屋根にパネルをのせ、電力会社と契約して、余った電気を電力会社に売るというものですよね。
独立型太陽光発電は、電力会社に売りません。発電した電気をバッテリーに蓄電しながら、使うものです。ですから、行政からの補助金もでませんし、余剰電気の販売益もありません。

それでも何故、独立型なのかということなのですが、
 ① 基本的に自分の必要な枚数のパネルで始める事ができるので、我が家の家計にあっている。
 ② 電気を売らないで、電力を自給できるということに魅力を感じる。
 ③ バッテリーの充電の状態をチェックしたりする自己管理が必要で、当たり前のインフラとして与えられていたものを、そうではないものを体で試したい。なんてところです。

東日本大震災で、電気、水道、ガスが全てが止まったとき、中古で作った独立型太陽光を持ち運びできるようにして、被災地に設置して回ったNPOがあったそうです。とても大きな力を発揮したと聞いています。

昔は水道か止まっても、井戸や出水がどこかにあり、なんとかなったものでした。
燃料も山に薪を拾いに行けば大丈夫なはずです。

水やエネルギーが、全て買って手に入れるものになってしまっている現在の仕組みに対し、ちょっとだけですが、他の方法を試してみます。

7月に設置するのは、わずか400W。でも鶏舎に使う分には、余るほどの電気の量になるはずです。
 ① パネルを大地に設置し、掃除をして発電効率をよくする。
 ② コントローラを通してバッテリーに直流電気をためる。
 ③ インバーターで交流に変換してつかう。
簡単そうでしょう。。。。

福島の武藤類子さんの喫茶店(今は閉めていますが)でも、独立型太陽光を使っていました。
百草園のお近所さん、東田トモヒロさんの自宅でも設置され、使っています。送電線をとおしてこない電気は雑音が少なく、楽器の音がとてもいいのだそうです。

2012.07.03 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。