日本ミツバチの巣箱にキンリョウヘン

キンリョウヘン今年こそは日本ミツバチを「巣箱」に引き寄せるために、キンリョウヘンを巣箱の前に置きました。

我が家では、日本ミツバチが木の壁の中に巣を作るので、蜜を採る事ができないので巣箱を置いたのですが、さっぱり入ってくれません。
それで今年は日本ミツバチを引き寄せるという蘭・キンリョウヘンを巣箱の前に置きました。
キンリョウヘンが花を咲かせはじめています。地味な花ですが、日本ミツバチがワイワイ群がるほどの大きな魅力をもっているのですね。
日本ミツバチの分蜂が来てくれればいいなー。

2018.04.20 | お知らせ

熊本地震から2年

地震の被災から再建!

千草会火曜コースの田口さんから、お知らせがありました。
地震の被害にあっていた帯山のお店(赤ちゃんのおもちゃ専門店「えるむの木」)が引っ越して、県庁の近く(神水2丁目5ー25)でようやく開店したということです。

同じく火曜コースで江津にあったオケタニ式母乳外来をおこなってきた浦崎さんの「うらさき母乳育児相談室」も全壊で、長いこと避難暮らしをされていましたが、昨年6月に「うらさき檸檬(レモン)助産院」として再建されました。お産の介助をせず出産後のケアに特化した助産院は県内で2施設目。通称出水ふれあい通り沿い肥後銀行江津団地支店南東側です。
再開までの道のりは大変なことだったでしょうが、すばらしいお店や施設が戻ってきた事が嬉しくてしかたありません。
きっと他にも、被災されて様々な形で再出発された方がいらっしゃるのではないかと思います。

私達の集落でも

うちの集落のお宮である今藤八坂神社も、元々あちこち痛んでいたのですが、地震でいつ倒れてもおかしくない位、ぐらぐらになってしまいました。それを一年がかりで1800万の費用をかけて補修工事をしました。改修費用の半分は県から補助金がでますが、残り900万は、村の人、村からでている子ども達、親戚、他村につながりのある人たちから寄付が集まりました。
たまたま、自治会長だったためいろいろ大変でしたが、いよいよ21日に、公民館に移転していたご神体を本殿に返すところまでこぎ着けました。その間、修理工事の頭領役を担ってた部落の大工さんは、気苦労でなんと6キロもやせたほどです。

正確な数字ではないのですが、村の神社の被災修復の補助金申請をしたのは北区で60数件と聞いています。でも、申請書類の大変さ、自己負担の資金が準備できない等で、断念とした所もおおいそうです役場との交渉をしてくれた自治会役員のみなさんや、寄付をしてくださった人々に感謝。

2018.03.26 | お知らせ

百草園の周りの動物達

・いたちごっこ・・・・・・・・・・・・・・ 
ひびが入ったりしてのけておいた卵が食べられる日が2、3日続きました。
猫かイタチかのどちらかです。イタチの場合、放っておくとだんだん手口が大胆になってきます。元々警戒心がつよいイタチなので、その辺を見計らって、油断してきたかなというところでワナを仕掛けることにします。首尾良くワナにかかったら、1~2ヶ月は出ません。しかし、縄張りが空いたと見てそのうち新しいイタチが住み着きます。
例によって、最初はおずおずと隠れてますが、だんだん天井裏を走り回ったり、人目の着くところに出始めます。その後は卵を狙い始めて、時には、ひよこや成鶏までも襲います。今回は、罠にかかったものの、浅かったようで逃げられてしまいました。こうなると、長期戦になりそうです。
そんなわけで、いたちごっことは良くいった物です。
退治しても、退治しても同じ事の繰り返しになります。

・きつねは人の裏をかく・・・・・・・・・・・
それに比べて、狐ははるかにやっかいです。金網を食い破って侵入して一度に何羽も時には20羽くらい喰い殺しますが、その後はぴたっと現れません。どんなに、対策をしてもあざ笑うがごとしです。でも、どこかで人間の裏をかくように人が油断したときに襲撃してきます。人をだますというキャラで伝えられている
のは、これもまたなるほどという感じです。

・ウサギは「ミチオシエ」・・・・・・・・・・・
百草園の周りには、ほかにもウサギやタヌキ等色々な動物が現れます。これらは、ほとんど被害がないので、可愛いいものです。
ウサギ等、夜車の運転をしていると、道路に現れヘッドライトの明かりの方向に、ぴょんぴょん飛んで走ります。「ミチオシエ」と呼ばれるハンミョウみたいです。最近の人はハンミョウと言っても知らないかもしれませんね。玉虫色のきれいな色をした昆虫です。捕まえようとするとパッと飛び立って先に先にと着地し、振り返って
こちらを誘うようなしぐさから、「ミチオシエ」って呼ばれます。
ウサギはほ乳類の「ミチオシエ」かも。

2018.03.11 | お知らせ

卵シリーズ最終回

コンシューマーニワトリシリーズ、最終回!!
※写真は、百草園にバスできてくれた消費者さん達に説明をしているところです。

卵の黄身の色=鶏が食べたエサの色 なんです
これは、もう知っている人も多くなりましたよね。
「黄身の色は濃いほうが栄養があるしおいしい」と勘違いう消費者の勘違いがあるから、市販の卵の多くは鶏にパプリカとかを食べさせて、無理やり黄身の色を濃くというか、オレンジにしてます。
黒い色素(スダンブラック)を0.1%添加すると真っ黒な卵がで着るという実験もあるみたです。百草園は飼料米を作って餌に混ぜていますので、それをたくさん食べた鶏の卵は白っぽくなります。白っぽい卵に遭遇した人は、ごめんなさい。お米を選んで食べる強者もいるのです。
それくらい、卵には餌の内容が影響します。人の場合も、おっぱいには食べたものがそのままでると言われていますから、同じですよね。

ということで、百草園のこだわりの餌の紹介です。
我が家の餌は自家配合飼料というやり方で作ってます。自家配合の反対は完全配合飼料です。「かんぱい」という呼び方をしますが、あらかじめ飼料会社で配合済みの飼料のことです。これには、遺伝子組み換えトウモロコシ、大豆をはじめ、成長促進剤としての抗菌剤等もふくまれています。それで、完全配合飼料でなく、必要な物を単品で集めて、自分のところで混ぜ合わせて安全な飼料を作るのを自家配合といいます。

遺伝子組み換えでないトウモロコシは1.5倍
遺伝子組み換えなしのとうもろこしは、特別のルートで注文しなければ入手できません。価格も1.5倍くらいします。タンパク質の主力である大豆ミールなども販売飼料は遺伝子組み換え物なので、うちでは、とうふの丸美屋と契約して、遺伝子組み換えでない豆腐残滓やおからを入手しています。飼料米は自家栽培と契約農家、くず麦やヌカは地域のライスセンターというように、身の回りの物を集めて作る自家配合飼料は、他のどこにもないうちだけのものです。緑肥として与える、雑草や野菜くずも手刈りで毎日あつめたものですので、平飼の自家配合飼料による養鶏というのは、沢山の手間がかかった、こだわりの飼い方です。

2018.02.12 | お知らせ

伊藤さんのイチゴ

「万菜村」の新年会にイチゴの伊藤さんもきていて、いちごの話を聞きましたので、紹介しますね。
毎年、無農薬で作っている本人にしか分からない話を、ぼつぼつとしてくれます。

熊本には「特別栽培農産物に係わるガイドライン」というものがありまして、それを基準にして、減農薬50%とか、20%とか決まるわけです。そりゃそうだ、100%はどんだけという基準がなければ、削減を数字で表す事はできませんよね。
イチゴの場合、この基準では収穫まで52回。その半分の26回までが特別栽培で、それがくまモン二葉マークが付く「有作くん」というわけです。

そんなに農薬を使う事が普通のイチゴを、農薬を使わず作るという伊藤さんは、たいへんな苦労をされているはずですが、自分では言わないのが、百姓です。
「食べている人は、聞かなければ分からないんだってば!」と、今回も少し聞き取りました。

伊藤さんが新年会に持ってきた、きれいなピンクのワイン。
自分たちのイチゴをワインにしたものだそうです。
私達もそうなのですが、丹誠込めて作ったものが全量だせるとは限りません。
百草園の場合、残った野菜はニワトリに緑餌としてやれるから、ストレスにならないのです。
イチゴはもっと基準が厳しいので、出荷できないものがたくさん出るはずです。
だから、それを冷凍しておいて、始めは冷凍イチゴやジャムに加工して出荷していたそうです。
でも、農薬を使っていないので、どんなに気をつけても、小さな虫が入ってしまい、クレームがきてしまう。それで、ワインなら製造工程の最後で濾すので、虫がクレームになることはないということに気付き、ワインを作る事にしたと言ってました。
でもイチゴワインの製造を引き受けてくれることがなく、やっと見つけたのが久留米のワイナリー。とてもフルーティーなワインです。果実酒に近い感じです。 

2018.01.23 | お知らせ

新年会でした

2018新年会先週の土曜日は、百草園の研修卒業生を中心につくっている出荷集団「万菜村」の新年会でした。

万菜村の主な出荷先である九州産直クラブの担当さんもきてくれて、大人21名、子ども達10名で飲んで食べておしゃべりしました。
今年も、みんなで成長していきたいです。

万菜村で事務をやってくれている福田あやこさんの子供達が大きくなったので,寂しく思っていたのですが、森永さんや西村さん、東田さんの子ども達がわらわら湧き出てきた感じで、新年会の間中走り回っていました。
ほんと、野生児です
私は、何故かブルースリーになりきった東田さんの子供達と闘うことになったので、体重をかける技で対抗しました〜。
これなら、まけません〜。



2018.01.23 | お知らせ

百草園のニワトリの餌のこだわり

百草園では遺伝子組み換えしていない餌をニワトリにやっていることもあって、熊本県有機農業研究会のオーガニックコンシューマー中級講座のコースとなりました。21日の生徒さん25名がやってきます。

それで「何を説明したらいいのだろうか」と考えていたのですが、熊有研の若い職員の出田さんが、「そもそも私達は、普通の飼い方や餌がどうなっているのか知らないので、それも含めて教えてください」と言ってくれました。
出田さんの言葉で、もう30年も自家製飼料で平飼いをやっていると、それが当たりまえすぎて、原点の説明を忘れがちになっていることに気づきました。
だから、思い出すまま、私達のこだわりを説明することにします。

何故自家製飼料をやるのか・・・・
① 中身が見える餌を
市販の餌は配合飼料と言われ、家畜がそれだけで育つように色々な原料や添加物を工場で混ぜたものを使います。
それは大規模の養鶏(普通万単位で飼っています)で使うため、餌がベルトコンベヤー等で流れやすいように水分がなくサラッとしています。また抗生物質などの薬もほぼはいっています。
そんな飼い方に疑問を感じ、家庭で料理をすれば、その材料が分かることは当たり前なように、農家が集めた原料を自分たちで混ぜ、餌にする方法を選びました。百草園の餌は、水分があるので、保存するとき発酵します。特に夏は、ホカホカの餌になります。水分を含んだ餌はサラダラとは流れませんので、人が手でやります。もちろん、薬は混ぜません。

② 養鶏の規模を決めるのは緑餌
配合飼料にニワトリが好きな緑餌がはいっているかどうかは知りませんが、多分、やるとしても市販されているパサパサした乾燥緑餌です。
私達の場合、ニワトリの主食の緑餌を生の野菜の形でたくさんあげることができます。平飼養鶏の規模を決めるのは、緑餌を栽培できる広さと、毎日緑餌として草を刈る労力によるといわれる由縁です。
百草園の養鶏は野菜の有機栽培を2町やっていて、その野菜残さがあることで、400羽の緑餌を維持できています。
何万羽も飼う場合,緑餌はどうするのでしょう?

③ 国産の餌と遺伝子組み換えでないことへのこだわり
養鶏の飼料のトウモロコシは98%輸入です。それをできる限り国産のものにしています。その一つが自分で作った飼料米。でも、お米だけでは穀物が足りないので、輸入のトウモロコシを使いますが。伝子組み換えでないものを取り寄せています。
遺伝子組み換えでないトウモロコシを扱う商社を探すのが大変でした。    以下次号に続く

2018.01.17 | お知らせ

あけましておめでとうございます。R帝国がやってきませんように。

あけましておめでとうございます。

今年は1週間まるまる百草園の配達はお休みにしました。こんなに休むのは、百草園はじまって以来ではないでしょうか。

恒例の紅白を見ながら、コタツでごろんごろんとしながら、本を数冊読みました。
中村文則さんの書いたR帝国は、近未来っていう想定らしいけど、今思い当たる事が多すぎて、体は完全にフリーズ状態に。正月に読む本ではないわ。。。

とにかく、今年も百草園は頑張りますので、よろしくお願いいたします。

2018.01.03 | お知らせ

薬剤耐性菌に関するアンケート調査がきました

熊本県中央地区家畜自衛防疫促進協議会というところからです。家畜保健衛生書内に事務所を構えている、公的機関に準じるもののようです。

アンケートの趣旨は
「近年、多くの抗菌剤の効かない多剤耐性黄色ブドウ球菌等、抗菌剤に抵抗性をもった「薬剤耐性菌」の増加が大きな問題となっています。家畜への抗菌剤の間違った使用は、薬剤耐性菌の出現、畜産物を介した人への耐性菌の拡大を招き、安心、安全な畜産物に対する信頼を脅しかねないため、家畜への薬剤の慎重使用が求められているのが現状です。後略」
というものです。

アンケートの問いには
・家畜に対する抗菌剤の使用には獣医師の診察・診断、指示が必要である事を知っていますか?
・畜産物を介して人へ「薬剤耐性菌」が拡大する可能性があることをしっていましたか?
という設問がはいっています。

これまで私達が警鐘をならしてきた、家畜の餌に抗生物質等を混ぜるという形で、多量の抗菌剤を使っている現状の問題を認めたわけです。
家畜の飼料に抗生物質が日常的に混入されるのは、過密とストレスで悪化する感染症の予防のためだけではありません。人間で考えるとありえないことですが、抗生物質を与えると飼料が同じ量でも体重増加・成長が速くなるという家畜の成長促進のために添加されているようです。

こようなアンケートが生産として私達に届いたのは、初めてのことです。
これで家畜の飼い方が変わるといいのですが。

私達が卵のために飼っているニワトリは、大人になるのに6ヶ月かかります。
ブロイラーの鶏は40日から50日で成鶏になるそうです。品種の違いもあるのでしょうが、あの軟らかい鶏肉の秘密はここにあります。

2017.12.23 | お知らせ

今年もイチゴをお届けできます

百草園の近くに新規就農し、イチゴを頑張っている伊藤さん夫婦からのメッセージです。
私達も、今年も美味しい貴重なイチゴを届ける事ができて、嬉しいです。野菜セットと一緒に届けています。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
伊藤農園より
昨年からいちごを納めております伊藤農園です。就農して今年で4年目、いちごは4作目になります。
今まで失敗を繰り返し最大の課題でした苗づくりも今年は何とか克服し、初めて農園の苗ですべてをまかなうことができました。
また、今シーズンは有機JAS認証を取得しJASマーク入りのいちごをお届けできるようになっています。
希少な「有機いちご」を是非多くの方に食べていただければと思いますので今年も宜しくお願いします。

蛇足ですが、いちごにはキシリトールが多く含まれていることをご存知です か?
ビタミンCが豊富なことは有名ですが実はキシリトールも多いそうです。風邪予防に、虫歯予防に良いかもですね。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+
イチゴは平均農薬使用回数が52回とか63回といわれ、農薬が非常に多く使われる作物です。

元々、イチゴの旬は4~6月だったのですが、ショートケーキなどのピークがクリスマスになるので、それに合わせるようにビニールハウスを使う事で旬をずらし、苗づくりから収穫までの期間がこれまでの約7ヶ月から1年を超えるようになってしまい、農薬の回数も増えていったと聞いています。
高温・多湿なハウス内は病害虫にとって住みやすく、無農薬でつくるのがどんなに難しい事か。
イチゴに虫や病気がついていないか一個一個点検し、デリケートな果物なので刷毛でそれを払うのだそうです。
イチゴを痛めないために、夜中に暖房も入れない部屋でその作業をしなければいけないのだそうです。

農薬を使っていれば、そもそも虫はいないので、刷毛で払うとかは必要ないのですが。

伊藤さんのイチゴは貴重なんです。

2017.12.12 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html