除草剤ラウンドアップに発がん性で320億の賠償金命令

アメリカのカリフォルニア州で、日本でも使われている除草剤「ラウンドアップ」を、30回、2年半以上にわたって使用していた高校の用務員が、癌を発症したのは除草剤が原因だとして、その製造会社モンサント社を訴えました。サンフランシスコ裁判所の陪審員は、モンサント社に2億9千万ドル(約320万億円)の賠償金を支払うべきという決定をくだしました。
このモンサント社のラウンドアップは、強い枯れ葉剤で、アメリカでは、このラウンドアップを使っても枯れないように遺伝子操作された種子とセットで販売されています。遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆等です。
アメリカでは、この遺伝子組み換えされた種子のよる栽培が広がっていて、当然大量のラウンドアップが使われています。

これまで、モンサント社は5000件以上の裁判をおこされているのですが、賠償責任がでたのは初めての評決となります
これまでの裁判と違っているのは、WHO(世界保険機構)が動物実験の段階で発がん性がある農薬に(カテゴリーA-2)分類しているのに、この結果を否定する証言をしていたマクマスター大学の毒物専門学者が、一度もランドアップの成分であるグリホサートの安全性を研究したことがなく、同社に謝礼をもらっていたことが発覚したからです。ハーバード大学の癌を専門とする腫瘍免疫学者も同社から10万ドル(1千万円)を受け取っています。
科学の真理を探究する学者として、恥ずかしくないのでしょうか?

この情報を見つけ出した人かマスコミは分かりませんが、凄いですね。
福島原発も津波の危険性は予見されていてそれをやっておらず、その文書を隠していたのですが、それを発見したのは情報公開を求め続けた弁護団です。

本当に、隠している情報を明らかにする、その努力に頭の下がる思いです。

ラウンドアップは日本ではホームセンターでも売られていて、何もしらない家庭菜園の人々も使っています。怖いです。
大量にラウンドアップを使った遺伝子組み換えのトウモロコシなども輸入されています。これも怖いですね

2018.09.14 | お知らせ

農高生インターン

夏休みですね。農業高校から1週間インターンにきました。
高校からのインターン派遣ではなく、自分の意思で全国農業会議所に申し込んだみたいです。
卒業後は、平飼いの大規模養鶏農家で働くことが決まっているらしく、その前に、百草園でのインターンを自分で決めたと聞いて、嬉しいのですが、役に立つのか不安です。
百草園の平飼養鶏は、ヒナから飼っていて、餌もこだわっていますが、大規模平飼養鶏の農家に較べれば、施設も立派ではなく、失望するのではないかと思ってしまいます。

でも、考えてみました。多分、大規模の平飼養鶏では学べない、手作りのこだわりを学ぶことが、いずれ自立してやるかもしれない養鶏に役立つはずだと。

自分で養鶏を始めるには、2つの方法があります。

一つは、はじめから借金をして大きく始めること。これは、リスクは大きいですが、やりがいのあるやり方でしょう。1万羽になると、鶏舎に相当なお金がかかります。億いくかもしれません。
二つ目は、私達のように費用をかけず、自分のサイズで始め、少しづつ大きくしていくこと。これがいいかどうかは分かりません。私達は有機農業の有畜複合農業の形を目指して、養鶏のサイズを決めてきましたので、畑の広さと養鶏の規模はリンクしています。生の青物を毎日やる労働力から、ニワトリの羽数を決めるのが、平飼養鶏の基本と言われて、その青物を有機農業の残りものでやれる数という考えでした。
1万羽のニワトリにやる生葉の量は毎日4000kの青葉が必要ですが、生の青葉では無理でしょうから、乾燥緑餌をやるか、それもやらないかでしょうね。

どちらの方法でやるにせよ、自分の進みたい養鶏の理念やビジョンがないと、動物とのつきあいを楽しめない気がします。
インターンが、彼女の将来に役に立ってくれることを祈って、今日も司が一緒に仕事をしています。

※全国農業会議所は農業インターンをすすめています。その目的は大きく2つあります。一つ目は就職先として農業という業界を知ってもらうこと、 二つ目は私たちが日頃食べている食料とその生産について関心を持ってもらうことです。 (全国農業会議所HPより)

2018.08.14 | お知らせ

万菜村あぜ道交流会

2018721万菜村ほ場見学7月21日、百草園の研修修了生などつくる出荷集団「万菜村」のあぜ道交流会がありました。年に数回やるのですが、今回は、田んぼの見学。研修を終了して1年目のやそぶさんからベテラン農家の境さんまで、田んぼはそれぞれの表情をしていました。あぜ道交流会は、自分の田畑を他に人にみてもらい、他の人の田畑も見るということで,ほんとに勉強になるのです。
今年は、ジャンボタニシと共生した除草のコツを、実際を見ながら勉強しました。






2018.07.28 | お知らせ

今年もやってきたカビトエビ

カブトエビ田植えが終わるとすぐにカブトエビが湧いてきます。どこから来るのか不思議です。
三葉虫を彷彿とさせるその姿は生きた化石と言われていて可愛いです!

彼らが泳ぐ田んぼは、雨もふらないのに、写真のようにいつも濁っているんですよ。彼らが動き回っている証拠です。だから初期の雑草を、すばらしいくらいに抑えてくれます。

カブトエビの寿命は1ヶ月ほどなんですって。約1日おきに20回も脱皮し、殻を脱ぎ捨てながら大きくなるんだそうです。大きくなると言っても、ゴミ粒がとても早いスピードで動いているなーという感じから、形が目に見え始めて、1センチくらいがピークかな。卵を産んで、一生を終えるようで、ピタッといなくなります。

その後は、ジャンボタニシの世界となります。ジャンボタニシは可愛くないので、ブログで生態を書いたことはないですが、とても働きもので、有機農業の稲作でもっとも大変だった夏の雑草とりをしなくて良くなったのは、この方達のおかげなんですね。感謝、感謝。

2018.07.01 | お知らせ

グリーンカーテン4種やります

緑のカーテンささげ日よけ対策を今のうちに
 梅雨の最中ですが。この梅雨が明けると猛暑の夏がやってきます。近頃は35度越えが当たり前のような年が続いてますが、クーラーがない我が家では、日よけ対策が必須です。特に今年は、冬に事務所の横に垣根で植えてあった杉を切りましたので、次の苗木が大きくなるまで、事務所の日よけ対策も強化しなくてはなりません。人間の他に鶏の日よけ対策もあります。4舎ある手作り鶏舎の一つが特に日当たりがきつく、西日の影響も大きいのでので、産卵率の低下どころか油断すると熱射病で死ぬ鶏が出ることもあるくらいです。

グリーンカーテン 在来種のササゲ&ハヤトウリ&10角ヘチマ&ヘチマ
 そんな我が家のグリーンカーテンは今年は4種類です。いずれも有機農業者の種苗交換会で手に入れた物です。居間と事務所の南側には、ささげです、去年はじけてこぼれた種が自生してきた物をネットに誘引して這わせます。すごい生命力です。もちろん秋には熟れた物からチョコチョコ収穫してビンにため玄米ごはんに一緒に使います。
 事務所の東側杉垣根の跡にはハヤトウリと、今年に冬千葉の林さんからもらった10角ヘチマを植えてみました。この10角ヘチマ東南アジア産とのことで、おいしいレシピもいただきましたので。うまくいくか楽しみです。

 鶏小屋の日よけは毎年普通のヘチマを植えてます。鶏舎はトタン屋根ですがゴーヤなどは熱すぎてのびきりません。ヘチマは普通の年ならトタン屋根にも張って上がるほど強いのです。ところが一昨年はそのヘチマも焼けて枯れるほどの暑さでした。それで、使い古しのすだれをトタン屋根に乗せて、その上を這わせて初期の勢いを助けてやります。

※写真は在来種ササゲのグリーンカーテン。すごい勢いで伸びていきます。
※10角ヘチマ・・・・・東南アジアでは比較的ポピュラー
な野菜だそうです。写真のように,角ができることから、
その名前がついたとか。
楽しみです。

2018.06.19 | お知らせ

BDF(バイオディーゼル燃料)を使っているよ

bdf bdf張り紙百草園では、トラクターにBDF(バイオディーゼル燃料)を使っています。
このBDFの原料となる廃食油も集めています。現在は植木町の蓮の実保育園や、レストラン、個人等が自分の所で出た廃食油を、野菜の配達の時に出してくれます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
BDFとは・・・・・・・
バイオディーゼル燃料とは、英語で「BIO DIESEL FUEL(バイオ・ディーゼル・フューエル)」の略で、化石燃料(軽油)の代替燃料として、植物性の油を原料にしたディーゼル用燃料を言います。いずれ枯渇してしまう化石燃料に対して、地球の自然環境の中で繰り返し得ることができる再生可能で、環境・健康にやさしいエネルギーです。

なぜ環境と健康にやさしいの?・・・・・・・
CO2排出量がゼロカウント。
食用廃油燃料使用により発生するCO2は、食用油の原料である大豆や菜種などの植物が、大気中 から吸収したものを排出していることとなり、結果として地球環境のCO2を増加させないということで、CO2排出が0カウントとなります。 小児ぜん息・アトピーなどの原因と言われている硫黄酸化物は、排ガス中にほとんど含みません。排気ガスが植物性なので良い臭いです。

2018.05.29 | お知らせ

東日本大地震から7年、復興はまだまだ

先日、東京に住んでいる私達の娘の連れ合いさんの出身地、仙台まで行ってきました。せっかく遠く離れた東北まで来たのだからと、伊達政宗関係のお寺をめぐり、東北大学にある魯迅記念展示室等にも寄ってきました。魯迅の『故郷』が好きなんです。
昔であれば、バスや電車を利用してゆっくり旅したのでしょうけど、年だし、足の具合いがよくないので観光タクシーをチャーター。観光タクシーの運転手さんは物知りで、聞けば色々教えてくれるので、旅の楽しさは倍増しますから。

タクシーを走らせながらの話なんですが、彼によれば
東北大震災から7年たった現在でも、宮城県で6500名以上の人がまだ仮設住宅に暮らしているんだそうです。福島県は原発があるから東北電力から補償金がでる分、それをめぐって内部はバラバラと言っていました。

熊本地震の復興もまだまだです。先日も千草会の人から「やっと融資がおりる事になって、ビルのエレベーターの修理にかかれることになりました」とお手紙が入っていました。

新聞が伝えなくても、東北も熊本も復興は終わっていないということを忘れないようにしたいです。

2018.05.01 | お知らせ

ミツバチやっぱり壁に・・・

ミツバチの壁昨日から、日本ミツバチ数匹が部屋に入ってくる等、「そろそろ来るな」という動きがあったのですが、今日気がついたら、いつもの壁から出入りしていました。壁に入ってしまったようです。
残念!

次の群が、キンリョウヘンと巣箱に気がついてくれますように (*゚o゚*)

写真はミツバチが巣をつくる壁です。
ここに入ってしまうのです。
ミツバチので入りしている写真を撮ったつもりなんですけど、写っていません。



2018.04.28 | お知らせ

日本ミツバチの巣箱にキンリョウヘン

キンリョウヘン我が家では日本ミツバチが木の壁の中に巣を作るので蜜を採る事ができないので、昨年から巣箱を置いたのですが、さっぱり入ってくれません。

それで今年は日本ミツバチを引き寄せるという蘭・キンリョウヘンを巣箱の前に置きました。
キンリョウヘンが花を咲かせはじめています。地味な花ですが、日本ミツバチがワイワイ群がるほどの大きな魅力をもっているのですね。
日本ミツバチの分蜂が来てくれればいいなー。

2018.04.20 | お知らせ

熊本地震から2年

地震の被災から再建!

千草会火曜コースの田口さんから、お知らせがありました。
地震の被害にあっていた帯山のお店(赤ちゃんのおもちゃ専門店「えるむの木」)が引っ越して、県庁の近く(神水2丁目5ー25)でようやく開店したということです。

同じく火曜コースで江津にあったオケタニ式母乳外来をおこなってきた浦崎さんの「うらさき母乳育児相談室」も全壊で、長いこと避難暮らしをされていましたが、昨年6月に「うらさき檸檬(レモン)助産院」として再建されました。お産の介助をせず出産後のケアに特化した助産院は県内で2施設目。通称出水ふれあい通り沿い肥後銀行江津団地支店南東側です。
再開までの道のりは大変なことだったでしょうが、すばらしいお店や施設が戻ってきた事が嬉しくてしかたありません。
きっと他にも、被災されて様々な形で再出発された方がいらっしゃるのではないかと思います。

私達の集落でも

うちの集落のお宮である今藤八坂神社も、元々あちこち痛んでいたのですが、地震でいつ倒れてもおかしくない位、ぐらぐらになってしまいました。それを一年がかりで1800万の費用をかけて補修工事をしました。改修費用の半分は県から補助金がでますが、残り900万は、村の人、村からでている子ども達、親戚、他村につながりのある人たちから寄付が集まりました。
たまたま、自治会長だったためいろいろ大変でしたが、いよいよ21日に、公民館に移転していたご神体を本殿に返すところまでこぎ着けました。その間、修理工事の頭領役を担ってた部落の大工さんは、気苦労でなんと6キロもやせたほどです。

正確な数字ではないのですが、村の神社の被災修復の補助金申請をしたのは北区で60数件と聞いています。でも、申請書類の大変さ、自己負担の資金が準備できない等で、断念とした所もおおいそうです役場との交渉をしてくれた自治会役員のみなさんや、寄付をしてくださった人々に感謝。

2018.03.26 | お知らせ

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html